▷ Libro: My autobiography diagnosed as autistic spectrumism: My 28 episodes dia…

3,16

Descripción

LIBRO:

著者紹介 1999年3月16日生まれ
中学校2年生のときに、自閉スペクトラム症(ASD)、社交不安障害(SAD)と診断される。
小学生時代に2度の引っ越しと両親の離婚を経験している。
一年の自宅浪人を経て、北海道大学に入学する。
9月からは塾講師のアルバイトをする予定である。

著者より 本書は、発達障害のある方の参考になってほしいという想いから出させていただきました。
なるべく具体的にエピソードをまとめ、それを28の章に分けました。
本書が少しでも発達障害のある方やそのご両親の励みになれば幸いです。

目次

はじめに 
1.日常会話が苦手
2.徐々に自覚していく自分の異常
3.2分の1成人式
4.僕の辛かった時代ランキング
5.小学校時代の癖
6.小学校高学年
7.僕の精神年齢
8.高校時代
9.浪人時代
10.会話を終わらせるために思ってもないことを言う
11.読書
12・小学校時代の使命感 給食の時間編
13.小学生時代の使命感 委員長編
14.教師の言葉尻を捕らえる
15.ぶつけようのない怒り
16.自分がありえないと思ったら頑なに信じようとしない
17.間違って覚える
18.僕のこだわり ゲーム編
19.よくやっていたゲーム
20.僕のこだわり 映画編
21.クラスメイトの理解できない行動
22.左利きである
23.現在進行形で困っていること
24.近況報告 薬の服用をやめました
25.近況報告 大学生になって
26.ASDとADHDの違い
27.診断名について DSMー5病名・用語翻訳ガイドライン
28.電子書籍を出してみて
おわりに

過去の著作物
凡人の憂鬱 自らを凡人と認知することがモラトリアムを価値あるものにする
アスペルガーの日常 僕が自閉スペクトラム症と診断されてからのアスペルガー体験記
アスペルガー症候群の子供たちへ 自閉スペクトラム症と診断された僕が伝えたいこと
Precio actualizado: EUR 3,16
(as of Jan 25,2020 14:48:08 UTC – Detalle del precio)